【 特 徴 】

1)適切な評価のもと組まれる個別プログラム

ハビリテーションは、病気や怪我等により、日常生活において支障をきたしている方々に対し、専門スタッフが適切な評価(検査・測定等)の元、個別に運動プログラムを作成して、利用者様自身が運動機能訓練を行うことで機能改善を図っていきます。


2)リハビリテーション専門スタッフ(PT)による個別訓練

関節疾患(変形性関節症等)の手術後、脳卒中(脳内出血、脳梗塞等)により、今まで医療機関に入院されてきた方、通院されていた方が、継続してリハビリテーションを行えるように、理学療法士(PT)が担当して利用者様に応じて、的確なアドバイスや機能訓練等を行います。

また、必要に応じて介助器具の選定や装具の調整等も検討していきます。


3)道具や器具を使わず、生活に必要な動作の獲得

当施設におけるリハビリテーションは、基本的に専門的な器具、器械等を使用せずに、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くといった基本的な生活動作を簡単で安全行うことができるようになることを目標としております。

当たり前のことですが、間違えた体の使い方により、本来、できることもできなくなくなってしまい、生活に支障をきたすこともしばしば見受けられます。 


4)機能訓練を重視した短時間のリハビリテーション

リハビリテーションは、本来「痛くて、辛くて、苦しい」ものです。

しかし、そんなリハビリテーションは長くは続きません。また、決して楽して良くなることもありません。短い時間で集中して続けられること、いち早く生活活動の改善・向上、ご家族の介護負担軽減へとつながっていきます。


5)趣味活動や活動範囲を広げていく

ご利用者様が希望を持ち続け、「気合」を入れてコツコツと頑張ることで、生活活動の範囲が広がり、今まで諦めていた運動や趣味が可能になり、より人生を楽しく過ごせていけるものです。

機能訓練のみでなく、リハビリテーションの一環として個々の趣味活動の支援に力を注ぎ、様々なイベント等も考えています。

当施設スタッフ一丸となって、「気愛」を入れて利用者様ご家族を支援していきます。