【 訓 練 内 容(個別リハビリ)】

〈 起居動作訓練 〉

起き上がる、立ち上がる等、日常で必要な動作をくり返し行うことで、楽に安全にできるようにしていきます


〈 歩行訓練 〉

歩き方、歩くときの姿勢を見直し、屋内・屋外を問わず安全に歩くことを目的に行います。また、その方に合った歩く手段(杖・シルバーカー等)を検討していきます


〈 バランス訓練 〉

立ったとき、歩いたときにフラフラしないように、不安定な状況を想定した訓練を行っていきます


〈 関節可動域訓練 〉

膝や肩などの関節が固まって動かなくならないように、筋肉をほぐしながらゆっくりと動かしていきます。また、固くて動かなくなってしまった関節も状況により、動かせるようにしていきます


〈 筋力強化訓練 〉

立つ、歩くなど、最低必要限な動作を行うためにも必要な訓練です。利用者様の弱くなっているところを見つけ出し、強化を行っていくことで、今までできなかったこと、大変だったことがとても楽にスムーズにできるようになります


〈 持久力強化訓練 〉

ただ単に筋力だけを強くしても、長い距離が歩けるようになるわけではありません。同時に心肺機能も無理のない範囲で強化して、疲れないようにしていきます